2話 初体験!!皆に内緒の69

「やだ…何でペンちゃんが落ちて……?」
「…え?…穴!?」

 

真壁明日香は自分の部屋に穴が開いてある事に気がついた。一応ふさがっているようには見えるが…念の為にとなりの部屋を確認することにしてみた。

 

となりの部屋には高木俊介がいて、覗き穴から明日香のオ●ニーをじっくり鑑賞していた直後だった。

 

「…も…もしかして見てたの…?」

 

戸惑う俊介を問い詰めながら、明日香は自分で俊介の部屋の覗き穴を探し始めた。俊介のすぐ後ろに覗き穴があり、俊介はそれをバレないように隠していた。

 

明日香は動かない俊介にかまわず、自分の胸を俊介の顔に押し付けながら壁をチェックしはじめた。

 

「ぐフっ」

 

明日香の柔らかいおっぱいが俊介の顔に密着していた。俊介のチ○ポはたまらずむくむくと勃起し始めた。ジーンズ越しに明日香のお股を刺激する形になってしまう。興奮した俊介は思わずオ●ニーを覗き見していたことを自白してしまう。

 

「見せてよ…高木のオ●ニー」

 

明日香はなんと、私のを見たんだからあなたのを見ておあいこでしょと言わんばかりに無茶なエロ要求をだしてくるのだった…

 

 

>>>発情女子寮ハーレムを今すぐ読む!